人気の「文章自動作成ツール」只今、無料プレゼント中!

2010年03月26日

1羽のコウノトリが証明!距離を超えた愛

クロアチア東部のBrodski Varos村で、

巣にとまったコウノトリのロダン

(右、2010年3月25日撮影)。(c)AFP





真実の愛にとって、距離は障害にはならない事の証明・・・。

オスのコウノトリのロダン(Rodan)が今年も

南アフリカから恋人がいるクロアチア東部の

Brodski Varos村まで、恋人のマレナに会いに

1万3000キロあまりの距離を飛来してきました。

今年で連続5年目になるそうです。


2羽は毎年仲良く、ひな鳥たちを育てています。

ハンターに羽を射抜かれて以来、マレナ(Malena)が飛べなくなってからは、

ロダンが飛び方をひなたちに教えているといいます。

kounotori.jpg

 8月になると毎年、ロダンと成長した子どもたちは、

越冬のため南アフリカへの長旅の準備を始める。

マレナは冬の間、春にロダンが帰ってくるのを

クロアチアで待ちこがれているのです。


あ〜泣けるな〜〜、年のせいかな?

(c)AFP


人気なアバハウス


posted by ニュース・トピッカー at 22:48| 動物物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月31日

ペット専門の航空会社が米国で誕生!

航空会社ペット・エアウェイズ(Pet Airways)が2009年7月、世界初となるペット専門のフライト便が米国に誕生する。通常の航空機のように貨物室で移送されるようなことはなく、フライト中のペットたちは、特製のケージで過ごすそうです。

このアイデアは、ペット・エアウェイズの創設者が、新ビジネス自分のペットのジャックラッセルテリアを空輸する際にさまざまな問題に直面したことからひらめいたと話している。
飛行機の室内改修で、主人と隣り合わせの座席が作れればもっといいのにね〜!?
posted by ニュース・トピッカー at 22:15| 動物物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。